Vライン骨切りの危険性、注意点とは。

顔を小顔にする整形手術、骨切りですが、整形国韓国である日本人がその整形手術したところ、後日死亡していたという事件が起こったようです。ニュースで流れていたため、ご存じのかたもいらっしゃることでしょう。韓国では、無免許の医師がいて、手術を行っているようですから、注意が必要です。また、骨切りといったVラインの整形手術の際、多量の出血が起こります。その際、血の塊ができ、血管の動脈につまる可能性もあるようです。一歩間違うと、命を危険にさらす可能性があります。そのため、骨切りを行う際、免許の有無や技術力など確認する必要があります。また、衛生面などにも気を配る必要があるでしょう。小顔にする方法として、鼻を高くするなどすると小顔に見えるそうです。また、服装はVネックだと顔が細く見せられます。そういった工夫で小顔に見せることができます。

Vラインを美しくする骨切り整形手術とは

美しいフェイスラインや小顔は、だれもが憧れる美男美女の条件です。しかし、顔の骨格は一人ひとりが生まれもったものなので、ダイエットでどうとか、化粧品でどうとか、簡単に変えられるものではありません。そんな悩みを解決するのが、「Vラインの骨切り」と言われる整形手術です。Vラインとはフェイスラインのことです。この手術では、顎の骨やエラ骨を切ったり削ったりして、顔の輪郭をすっきりシャープにし理想的な小顔にします。顎が長い、顎がしゃくれている、エラが張ってしもぶくれであるなど、骨格に悩みをもつ人は非常に多く、人気の高い手術です。価格の相場はおおよそ150万円前後で、ダウンタイム(手術による痛みや腫れなどがだいたい落ち着く時期)は1か月前後とされます。骨を切るので医師の腕や経験がものをいい、ドクター選びがたいへん重要な手術です。

Vラインを骨切りですっきりさせる

顎のラインをすっきりさせる方法としてはマッサージなども有効ですが、骨格に問題がある場合はマッサージやエクササイズだけではきれいなVラインに整えることはできません。フェイスラインをすっきりさせたい場合は美容整形も高い効果を発揮してくれます。Vライン骨きりは顎の先端部分からエラまでのラインを骨切り、骨削りを行うことでフェイスラインをすっきりさせる方法です。本格的な手術ですので、施術に時間がかかる傾向にありますが、そのかわり効果は永久的に続くことができ、すっきりとした顎のラインとなります。顎のラインをすっきりさせることで、顔全体が小さく見える効果もあり、より女性らしい顔立ちにすることもできます。顎の幅が狭くなることはもちろん、顎の長さを短縮することもできますし、左右のバランスを整えるのにも役立つ施術です。

顔面骨格のご相談に特化した医療設備を備えており、顔面に関する様々なお悩みにお応えできます。 20年以上にわたる臨床経験がお役に立てます。 模擬手術の後、万全の状態で施術に臨みます。 当院は、顔面骨格形成のエキスパートと最適な医療環境を取り揃えております。 経験豊富な看護師と専属の麻酔医師が医療を支えます。 骨切りをしてVライン形成。小顔にするならマックスファクス銀座クリニックへ