話題の美容成分!EGFとは

EGFとはEpidemalGrowthFactorの略で上皮細胞を再生させる因子の事です。新しい細胞の生成を促すペプチドで正式名称をヒトオリゴペプチドと言います。アメリカの生物学者であるスタンレー・コーエン博士のよって発見され、1986年にはノーベル賞を受賞しました。皮膚移植や傷の回復促進などの医療の分野で幅広く使用されています。EGFはもともと人間の持っているたんぱく質の一種で皮膚の表面にある細胞に働きかけて分裂を繰り返しながら新しい細胞の生成を促進させるため、肌のターンオーバーを正常化する働きがあります。その為、老化を防いだり、みずみずしい肌を取り戻せる効果が期待出来ます。補給する方法は、化粧品に「ヒトオリゴペプチド1」という成分として配合されているので、市販の化粧品から補給したり、エステなどで用いられている場合もあります。

EGFが含まれた化粧品を使ってみましょう。

EGFとは、お肌の表面の成長因子のことで、お肌の新陳代謝を高めて、ターンオーバーを正常にする働きがありますし、美しい弾力のある素肌に必要なコラーゲンの生成を促進する働きがあります。EGFは元々は医療の分野で火傷の治療に使われていますが、現代は化粧品にも成分が含まれた商品が数多く販売されています。現代はアンチエイジングに優れた効果があると言われているため、継続してスキンケアを続けることで、しみやそばかすを目立たなくする働きもあります。年齢を重ねるとしわやたるみ、しみ、そばかすなどのお肌の悩みが増えてくるので、EGFの成分が含まれた化粧品をしばらくの間は続けてみる必要があります。人体には悪影響はほとんどなく、安全性に優れているので、安心して購入が出来ます。若いうちからきちんとスキンケアを始める必要があります。

美肌とアンチエイジングに欠かせないEGF

最近化粧品の成分を見ていると、EGFという成分を良く見掛けるようになりました。EGFとは、上皮成長因子といい、人間が本来持っている蛋白質の一種なのだそうです。加齢とともにEGFが減少した肌は、ターンオーバーが乱れがちになってしまうので、シミやくすみやごわつきなどが目立つようになってしまいます。そんなお肌にその成分を補ってあげることでターンオーバーの正常化や活性化が期待出来るそうです。お肌のトラブルなどで悩みがちな人にとっては夢のような成分ですね。この成分の発見により、発見した博士はノーベル賞を受賞されたそうです。日本では2005年に厚生省が化粧品への配合を認可したので、今では私たちの手元に届き誰でも使用することができているのですね。アンチエイジングに興味がある方はこの成分が配合された化粧品を使用してみてはいかがでしょうか。効果を体感出来るかもしれません。